協会の概要

スポーツ団体ガバナンスコード

令和元年6月にスポーツ庁が策定した「スポーツ団体ガバナンスコード<中央競技団体向け>」および本会加盟団体に関する規程に基づき、自己説明・公表に取り組みます。

スポーツ団体ガバナンスコードについて

スポーツの価値を守り、高めていくために、スポーツ団体が適正なガバナンスを確保することは必要不可欠です。このような問題意識から、スポーツ庁は、平成30年12月に策定した「スポーツ・インテグリティの確保に向けたアクションプラン」において、スポーツ団体が適切な組織運営を行うための原則・規範としてスポーツ団体ガバナンスコードを策定することとし、中央競技団体向け及び一般スポーツ団体向けのガバナンスコードを策定しました。

適正なガバナンス確保のための仕組みとして、平成30(2018)年にスポーツ庁長官が主宰し、日本スポーツ協会(JSPO)、日本オリンピック委員会(JOC)、日本障がい者スポーツ協会(JPSA)、日本スポーツ振興センター(JSC)の各団体の長を構成員とする「スポーツ政策の推進に関する円卓会議」を設置し、各団体がそれぞれの役割を担うことになりました。特に中央競技団体は、当該スポーツに関する唯一の国内統括組織として、多くのステークホルダーに対して様々な権限を行使し得るなど、大きな社会的影響力を有しています。また、各種の公的支援を受けており、社会や人々に対して適切な説明責任を果たしていくことが求められる公共性の高い団体でもあります。そこで、JSPO、JOC、JPSAのスポーツ統括団体は、中央競技団体を対象にスポーツ団体ガバナンスコード<中央競技団体向け>の適合状況について適合性審査を4年ごとに実施し、その結果を公表することとしています。

 

自己説明・公表について

本会に加盟する団体に対しては、本会加盟団体に関する規程において、スポーツ団体ガバナンスコード<一般スポーツ団体向け>の適合状況について、自己説明及び公表を年1回実施するよう努めることを定めています。
※中央競技団体から、スポーツ団体ガバナンスコード<中央競技団体向け>の遵守を求められている場合は、その限りではない。

自己説明・公表の在り方について

JSCが、「スポーツガバナンスウェブサイト」を立ち上げ、一般スポーツ団体がセルフチェックシートに基づく自己説明・公表を簡便に行うことができる仕組みを構築しました。
本会加盟団体は、スポーツ団体ガバナンスコード<一般スポーツ団体向け>の適合状況について、当サイトで公表します。

※「スポーツガバナンスウェブサイト」における自己説明・公表が、JSCスポーツ振興事業助成の申請要件になっております。申請予定の団体は、JSCホームページで詳細をご確認ください。

福井県スポーツ協会の自己説明・公表(年1回)

年度 自己説明・公表ファイル
令和2年度
(令和3年3月19日)

(PDF:270KB)
令和3年度
(令和3年9月16日)

(PDF:262KB)