スポーツ医・科学

スポーツ医・科学研究推進事業

1. 目的

今日の高度化、専門化した競技スポーツにおいて、自己の体力を知るとともに、スポーツ医・科学の研究成果を取り入れた計画的・科学的な練習やトレーニングおよびスポーツ医・科学的な多面的なサポートが不可欠である。
各競技のトップレベル選手においては、健康管理、スポーツ障害の予防、メンタルトレーニング、治療、リハビリなどその重要性が広く認識されており、医・科学的サポートは欠かせないものとなっている。
他県においては、その強化策として各地にスポーツセンターを設置し、スポーツ科学、スポーツ医学、スポーツ情報トレーニング施設の分野競技選手への支援を行い、強化推進を図っている。
また、競技者の競技復帰のための医・科学的に分析し、適切なトレーニングプログラムやアドバイスを提供することで、選手一人ひとりの実態に応じた治療やトレーニング方法を提供することが可能となる。
このため、本県のスポーツ医・科学推進体制を整備し、今後の競技力向上を推進する。

2. 事業内容

(1)メディカルチェック

  • 一次検診:国体候補選手(30年福井国体アスリート指定選手を含む)に対し、メディカル・栄養・心理の面から問診調査
  • 二次検診:問診調査で異常が認められた選手に対する直接検診
  • 三次検診:二次検診で要治療と判断された選手に対する追跡サポート

(2)選手カルテの作成

  • 国体候補選手一人ひとりに選手カルテ(検診や治療歴を記録するもの)を作成し、サポートスタッフが情報を共有

(3)「チームふくい」強化指定選手対象にメディカルチェック

  • シーズンオフに「チームふくい」強化指定選手を指定医療機関に派遣し、メディカルチェックを受ける

(4)フィットネスチェック

  • 競技団体のニーズに合ったメニューでのフィットネスチェックとトレーニング指導

(5)国体、北信越国体へのスポーツ医・科学専門家の帯同

  • 現地でのコンディション作り等、試合に向けた最終調整の指導

(6)チームサポート

  • 国体(ブロック大会を含む)前の強化合宿、練習会等にスポーツ医・科学専門家を定期的に派遣し、継続的な指導の充実

(7)研修会の開催

  • スポーツ医・科学専門家による研究会を開催し、スポーツ医・科学に関する情報の公開および蓄積
  • トレーナー・心理士・栄養士に向けたスポーツ分野の専門知識を高める研修会を開催し、スポーツ選手に対する質の高いサポートメンバ ーを養成